キャバクラまめ知識

マイナンバーでキャバ嬢の副業がバレてしまう理由

キャバクラの副業で働いている子は、マイナンバーでそれがバレてしまうかもしれません。
そのバレてしまう仕組みとは一体なんでしょうか。

キャバクラ

今までキャバ嬢のお仕事をしていたという方は、殆どの方が税金を取られていなかったと思います。
お店は支払調書という書類に、その子の名前や住所を書いて税務署に出していたのですが、今まで税務署が得ていた情報はその2つのみですので、皆さんがいくらお給料をもらっているのかを把握できずに税金が請求できずにいました。

ところが現在、同じ支払調書に名前と住所の他にもマイナンバーを記載する必要が出てきました。
マイナンバーが追加された事で、税務署は皆さんがいくらもらっているのかが確実に把握する事が出来ます。
結果、キャバ嬢の収入も把握される事になって税金を支払う必要が出てくるのです。

正社員でお昼の仕事をしている方は、お給料から自然と税金が天引きされているのが殆どですが、マイナンバーでキャバクラの収入にも住民税がかかるようになり、昼職の給料+キャバ嬢の給料から住民税が取られる事になります。
すると、会社がキャバ嬢の収入を足した住民税額を市町村から請求されてしまうので、キャバクラで復業している事がバレてしまいます。

関連記事

  1. SEASIDE
  2. club EMIRIO エミリオ
  3. TARO
  4. キャバ嬢歴3年の女性が語る、キャバクラの真実
  5. THE PUBLIC PATRICK
  6. Ang Bloom
  7. New Club EPI
  8. Honey Trap

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP